摂取する時間

ダイエットに欠かせないこととはいったい何でしょう。
運動ですか?食事制限ですか?
いえいえ実は違います。
運動する時も食事に気を付けるときも、その順番に注目するべきだと言われています。
ならば、ダイエットサプリを使用するときにも効果がある時間に飲んだ方がいいということなのです。

食事の時に飲む

と言われても、食事の前なのか食事中なのか食後なのかよくわからないですよね?
基本ダイエットサプリでカロリーの摂取を抑えるタイプの場合、食事の前に飲むことが一般的です。
それは食事で体内に入ってくる栄養素を吸着したり体内に吸収されにくくするために入ってくる食事を待ち構える状態をつくることが大切だということなのです。
しかしキトサンやラクトフェリンは待ち構えるというよりも一緒に体内に取り込むことによってその効果を発揮するので食事中に体内へ入れた方が効果的です。


寝る前に飲む

食事が終わって体を休める前に体内に取り込むことによって効果を発揮するのはお茶タイプのものや、体を休め睡眠を助けるタイプのものがお勧めです。
ハーブやオリゴ糖などが配合されているサプリは寝る前の服用が効果的だと言えます。

起きてから飲む

脳を活性化させ消費カロリーを上げる効果があるタイプのものです。
今はやりのスムージーのように食物繊維とビタミン類を多く含むサプリは目覚めてから飲むのが効果的なのです。

痩せることの基本である脂肪を燃焼させるために必要な体のリズムと代謝の関係をよく把握したうえでサプリも飲む時間が変わってくるということなのです。

ページ上に戻る